雪が降るくらい寒い朝は苦手だけれど…




暖冬暖冬と言われた今シーズンですが、ついに大寒波がやってまいりました。
鹿児島でも桜島の冠雪がやっと見られ、我が家もすこーしだけ積もりました。
暑いのも寒いのも苦手な私。でも今年は、雪が降って欲しいような、欲しくないような…。

IMG_E7439.JPG

 

雪が降るくらい寒い朝は苦手だけれど…

雪を見て喜ぶ顔が浮かぶ。
鹿児島のどこかで頑張っているあの子たちの顔が浮かぶ。

ベトナムでは本当に限られた地域でしか見られない雪を、今か今かと待っているあの子たちの顔が。


実習生への授業で「日本でしたいことは何ですか?」と聞けば「tokyoに行きたい!」「すし食べたい!」「働きたい!」「友達に会いに行きたい!」などいろいろ出てくるのですが、いつも必ずあるのが「雪が見たい!」

「雪か~先生は寒いのがあまり好きじゃありませんから、雪は降らない方がいいですね~」と言うと、時々現実的な子が「分かります~~」って顔で頷いているのだけれど、たいていの子は本当に雪を楽しみにしていて。

IMG_E7423.JPG

その笑顔を見ていると、小学生の頃、雪が楽しみで仕方がなかった頃を思い出す。
雪って子供の夢だよなあ。まして鹿児島もなかなか降らないし。
子供じゃなくても、見たことがないなら、ものすごく憧れるだろうなあ。

雪のイメージのないベトナムですが、「Tuyết(ベトナム語で「雪」)」という名前の子にこれまで何人も出会いました。名簿でその名前を見つけると、いつも素敵だなあと思います。

鹿児島の各地に散らばって、毎日頑張っている実習生たち。
その子たちのもとに雪は降ったかな。
雪に触れることはできたかな。
ちなみに私の働く学校は全然でしたが…(笑)

雪よりキラキラした笑顔が浮かぶから、雪が降るくらい寒い朝も悪くないね。ありがとう。