【島旅・奄美大島】島旅は地元の人の「遊び方」に染まるに限る!




先日のGW、3泊4日で奄美大島に行ってきました!
奄美は初めてで土地勘もなければ、どんな観光地があるかもよく分かっていません(笑)

そんな中利用したのが現地の方が行っているツアー。「with Dio」というところにお願いしたのですが、おじちゃんと補助のお姉さんだけでやっていて、受け入れるお客さんも少人数らしいです。そういう少人数のツアーがいいなあと思っていたので、適当に見つけたのですがラッキーでした。

奄美大島から船で15分の「加計呂麻島(かけろまじま)」でのツアーです。でも何も分からない私たちはとりあえずプラン全てをお任せに。

出発は奄美大島側・古仁屋港で。
まさかの船でお迎えに来てくれました!!奄美大島って自分の船をどこでもつけていいのかなあ(笑)

ひたすら引っ張られたり、洞窟見たり、飛沫を浴びたり、シュノーケリングしたり…たくさん海で遊んだ、あっという間の4時間でした(私たちは半日コースにしました)。

船の一番前にも乗せてもらったり。めっちゃ気持ちよかった〜!

これも船の1番前で浴びた

引っ張られるにも体力(腕力・背筋)が必要だと実感。

こんなに全力で遊んだの久しぶりすぎて、終わった頃には疲労困憊…。体力つけなきゃなという思いを新たにした1日でした。

その日の宿は加計呂麻だったので、帰りはその宿に近い場所に降ろしてくれました。なんかシュール(笑)

状況的には海の真ん中で降ろされた気分

ちなみに去年沖縄の西表島のツアーに参加した時も、こんな風に島が好きでたまらない地元のおじちゃんが案内してくれる少人数のツアーでした。そしたら島の色々なことを教えてくれるし、相手に合わせてペースや遊び方を考えてもらえるし、少し高くても全然いいなーと思っていて。

なにより、そうやって島のことを教えてもらえると、たった2、3日しかいなくてもすごく愛着がわく!また行きたい!ってなる。西表も加計呂麻もまた行きたくて仕方ない!

旅行は誰と行ったかももちろん大切だけど、誰と出会ったか、何と出会ったかも大切だなあ、と思う今日この頃。そして大人になって本気で水で遊ぶのは、単純に楽しい。半日ツアーじゃないと体力限界だけど。