【10回目のグッドネイバーズジャンボリー】「また、森の学校で」私たちにはその合言葉がある




毎年自分の中で夏が始まるのはコブクロのライブなのですが、それで始まった夏が終わるのが、かわなべ森の学校で開催される「GOOD NEIGHBORS JAMBOREE」です。ジャンボリーがなきゃ夏が終わらない!そう思うくらいいつの間にか私の夏の恒例行事になりました。9回の開催のうち私が実際に行ったのはまだ3回だけなんだけどね。

とにかくあの場所で、あの時間に、出会う色々なモノが大好きなんです。
人、食、音楽…。全てが心地よい。

毎年現れるツリーハウスの上から。

前夜祭の食も毎年の楽しみ

こんな贅沢が、地元の鹿児島にあるんだ…と嬉しくなるような。
言葉だけじゃ全然伝わらない、行ってみて肌で感じる心地よさがあそこにはあります。

そんなジャンボリー、今年が記念すべき10回目!8月24日に開催されます。
もう、去年もすっごく楽しくて、去年のジャンボリーが終わった瞬間から楽しみにしていました。

毎年あの空間でしか出会えない人たちがいる。
1年に1度あの場所でしか再会できない人たちがいる。
でも、1年に1度、あの場所へ行けば絶対に会える人たちがいる。

去年参加した泥染めWS。左袖が白いのが私の

大学4年で飛び込んだジャンボリー。
何かも知らず、当日はバタバタで終えてしまったけれど、気付けばすっごく大切なイベントで、すっごく大切な仲間に出会っていました。

「大人が本気で作る真夏の文化祭」
これからの働き方や生き方、どうしようかな〜と悩んでいたあの大学4年の夏、大人が全力で楽しんでいる姿を見られて本当に良かった。私もあんな風になりたいなって、ジャンボリーの熱気と暑さの中ぼんやり思ってた。

ジャンボリーを好きなみんなが大好き。
あの大きな木に見守られながら過ごす時間が大好き。

小学校だった以前の面影が感じられる木造校舎

ライブやワークショップ、個性豊かなフードの出店など、すべての美味しい!楽しい!が詰まったお祭り。子供もたくさんいて、周辺地域の方も出店して、それぞれが思い思いに楽しんでいるのがジャンボリーの素敵なところ。今年は10周年。例年以上にワクワクする企画が盛りだくさんです。

チケットなどの詳細は公式HPへ〜^^
HPを見て、ビビッと来たら足を運んでみる価値ありです!

では、今年も、森の学校で会いましょう!

※このセリフが言いたかっただけです。
なんと今年のジャンボリー、大事な友達の一生に一度の記念日に被ってしまったため、当日に行くことはできません。でも、それぞれの形で楽しめるのがジャンボリーだと思ってる!初参加から5年。今までのつながりのおかげで、当日参加できなくてもジャンボリーを楽しむ方法を得られた気がします。私は私なりに今年のジャンボリーを、むしろ当日以外の全てを目いっぱい楽しもうと思います!^^前夜祭は行きます!