ご用心!熱中症は室内でも、のんびりしていても、なります!




毎年「猛暑」とは言われていますが、今年は特に暑さに関するニュースが多い気がします。もう本当毎日毎日暑すぎません?熱中症の報道もいつも耳にするし…。前は「好きな季節は?」と聞かれると、迷わず「夏ー!」と答えていたのですが、近年はそう答えるのも迷うほど暑いです。暑いのも寒いのも苦手なのでもうどうすれば…という感じなのですが、数年前に私自身が熱中症になったので、とにかく夏の暑さには気を付けています。

私が熱中症になったのは涼しい車内の中。家族とドライブに出かけていて、乗っている最中から「気分が悪いな」とは感じていたのですが、乗り物酔いしやすい方でもあるので「いつもの車酔いか…」くらいにしか考えていませんでした。

目的地1kmの看板が見えたあたりで「こりゃやばい」と思う気持ち悪さになりトイレに酔ってもらいました。特に予感はなかったのに嘔吐して、嘔吐したのなんて小さい時以来だったから、自分で自分にびっくりしました。

しばらく近くの涼しい公共施設で休んでいたけれど一向に体調は良くならず、結局遊ばずに帰ることに。病院に寄って、そこでも嘔吐して、それから3時間くらい点滴をしてもらいました。その夜は、(というかその前からずっとだったかもしれないけど、なにしろあまり記憶がない)39度超えの熱が出て一晩ずっとうなされてました。翌日には熱は下がって普通に動ける状態に。私からしたら一体なんだったのだろうと、狐につままれたような感じだったのですが、後で熱中症だったと分かりました。

涼しい場所にいたからまさかなるとは思わなくて、本当にびっくり。一番の原因は水分不足かなあ。普段からあまり水分を摂らない方だったので、きっとそれが一番の原因だったのだと思っています。

なので、それ以降はどの季節であれ、特に夏は、意識して水分を摂るようにしています。暑さの中「ちょっと調子悪いな」と感じたら、無理して外出や移動をせず、しばらく休んでいたり。そう気を付けても毎年1、2回は熱中症なりかけの症状になってしまうのですが、熱中症への意識づけができたので(なりかけている時点でどうかとも思うけど)、なんとか大事には至らずに済んでいます。

「自分は大丈夫」となんとなく思っていても暑さは容赦無くやってきます。近年の暑さは無対策だとどんどん体力を奪われ、元気な太陽にやられてしまいます。
熱中症は、誰でも、どこでも、いつでもなると思って、ちょっとでも異常がある時は無理をしないのが1番ですね。

とはいえ、本人が気付かぬうちに無理をしてなってしまうことも多いと思います。
「少しきついから休ませてほしい」そう言える雰囲気づくり、周りの声かけ、配慮が何よりも大切。
「この子いつもと様子が違うな」と思ったら、進んで声をかけて。
(毎日畑仕事を頑張ってるおばあちゃんにもきちんと言っとかないとな…)

外で何か作業をする時も、お出かけの時も、そして室内で過ごしている時も、熱中症への意識を高めて気を付けていきたいものです…!かく言う私も気を付けます…!