【小学校教員資格認定試験06】点数公開!合格〜免許取得




小学校教員資格認定試験(※教員採用試験ではありません。小学校の教員免許を取得するための試験です)に初めて挑戦しました。
独学(というかマイナーすぎてほとんどの人が独学)で結果は見事一発合格!といっても、なんで自分が受かったのかわからないくらいには自信がありませんでした。
こんな人でも受かるんだよと誰かの希望になれば、そしてこれから受験する人への参考になればと、少しずつ体験を語ろうと思います。

何が起こるか分からない!2次合格発表!

2次試験の結果は試験から2、3週間後に郵送で届きます。あらかじめ発送日は指定されているので、どの会場で受けてもその指定日よりも早く合否がわかることはありません。

速達なので発送指定日の翌日には自宅に届きました。ポストで届いていることを確認してすぐに自分の部屋に籠りました(実家暮らしです)。絶対に不合格だと思っていたので、開けてどうするか、どう家族がいる部屋に戻るか…そればっかり考えていました。

「なんで不合格通知を見るだけなのに、こんなに緊張するんだろう…」

と自分に呆れつつ、開封!

!!

まさかの!!

合格!!

それから5分間くらい「なんで?なんで?」としか言っていませんでした。「合格ということは論述が6割あったってこと?」「え、あのマットで?」と、考えても考えても不合格要素しか出てきませんでした。

とはいえ何度見ても合格。私は教員免許を持っているため3次は免除です。そのため、一緒に入っていた案内にもそのことが書いてあり、「本当なんだ…人違いじゃないんだ…」と実感。信じられず本気で人違いだと思っていました。とにかく早く点数開示したくて仕方がありませんでした。

どうしても気になる!点数開示!

3次は免除なので11月初旬の時点でその年の合格者となりましたが、3次受験者も含めた合格発表は、年が明けた1月下旬でした。正式な発表日以降に合格証書が届くので、それより前に点数開示や免許申請をすることはできません

なので、自分がなぜ受かったか全く分からないまま数ヶ月を過ごすことになります。点数開示は絶賛申請中なので、分かり次第こちらに残しておこうと思います。(おそらく3月中旬には分かります)

●1次試験結果(6割合格)

  • 教職教養…
  • 国語…
  • 体育…
  • 図画工作…
  • 音楽…
  • 生活…
  • 家庭…
  • 6科目計 (600点中)

●2次試験結果(6割合格)

  • 論述生活…
  • 実技図画工作…
  • 実技体育…
  • 実技計   (200点中)

免許申請は時期や自治体に注意!

1月下旬、最終的な合格者が決まってから送られてくる合格証書。それで免許申請できる都道府県もあれば、合格証明書ではないといけないところもあるらしいです。

ちなみに私の自治体は合格証明書が必要でした。合格証書が届くと、中に合格証明書の申請の仕方も書いているので、それにそって取り寄せます。証明書とその他必要な書類を揃えてやっと免許申請ができます。

また、この時期は大学等の免許申請で忙しくなる時とかぶってしまうのです。自治体によっては2、3月の個人での免許申請を制限している場所もあるとか…。4月から免許を使って働きたい場合、間に合わないことがあるそうです!

なので、2次で合格が決まっている場合などは、合格証書が届く前にあらかじめ自分の自治体の申請方法を確認しておき、できる限りの準備を進めた方が良さそうです。かく言う私は全く急ぎではなかったので、のんびり進めましたが(笑)

認定試験を受けてみて

振り返ってみて改めて難しい試験だなと実感しました。仮に今年落ちてしまっても、来年受けるか迷うくらいには色々と疲れました…。

とはいえ、毎年120名近い合格者が出ていますし、6割超えさすれば合格できる試験です。私は教員免許を持っていましたが、教員免許を持っていない方、大学で教育系を学んでいない方にとっては魅力の多い試験だとも思います。

大人になって色々と経験する中で教員になりたいと思われた方は1度受験してみるのもいいかと…。ただし、本当に運に左右されますので、通信制の大学に行った方が時間的には早く済む可能性もあります。こればっかりは分かりませんが><

情報が少ない試験なので少しでも参考になれば嬉しいです。また、すでに来年度(2019年度)の試験についてのお知らせが更新されていました。来年度から科目に外国語(英語)が追加となり、新学習指導要領での出題となるそうです。初めに分かるのはいいですね…^^受けられる皆さんが全力を尽くせますように。