【福井・RENEW】ものづくりの可能性が丸ごと詰まった祭典

今年の7月に初めて福井に行きました。
ちょうどその数日後に大阪で用事があったので、せっかくだから行ったことない県に寄っていこうかな〜と、唐突になんとなく選んだのが福井でした。本当にたまたま。

そういうわけで、「今度福井に行く」と伝えると友達はみんな驚いた顔をして。
「何しに行くの?」「何があるの?」と聞かれるのだけど、もちろん私も全く知らない。
「分からない(笑)。でもぼーっとするだけで満足できる性格だからきっと大丈夫だよ」。
本当に下調べしてなかったので、そう返しました。
ま、何もなくていっか〜と軽い気持ちだったけれど、実際に行ってみたら時間が足りないほど行きたいところがたくさんありました。

たまたま見つけたゲストハウス。HPを見つけた時の直感に間違いはなく、福井に着いてまずSAMMIE’Sに行って、オーナーさんのお話を聞く中で福井のおすすめをわんさか教えてもらいました。

あっという間に帰る時間になっちゃって、「まだまだ行きたい場所、気になるお店がたくさんあるなあ。また来たいなあ」と思っていた矢先、福井で10月に「RENEW」というイベントがあることを知りました。

初めて福井に行った時に驚いたのは、福井はものづくりのまちだということ。
鯖江の眼鏡は全国シェア率90%近くを占め、他にも和紙や漆、刃物など、昔からの職人文化が根付いているそう。

工房に行ったり職人さんと話したり、やってみたいけれど普段はなかなかできないことができるのがこのRENEWというイベントです。

気になっていたのもあるし、鹿児島の友達との縁もあったりで、7月に福井を発つ頃にはもうすでに10月の予約をSAMMIE’Sに入れていました(笑)

そして今回、待ちに待った「RENEW」です。
行きの飛行機が取れていなかったり(空港のチェックイン機前で絶望)、間違えて妹の眼鏡持ってきちゃったり(怒られた、というか「分かるでしょ〜」って呆れられた)色々バタバタで、RENEW自体も初めて行くし、コンテンツも盛りだくさんだしで、全然予習が追いつかなかったのですが、期待をはるかに超える楽しさでした。

いや〜もう福井すごい!
ポテンシャル半端ない!

「こんにちは〜」って友達の家に行くみたいなノリで工房を見て、世間話するように職人さんと話して…イベントの中だったら当たり前だったけど、冷静に考えたらいやいやどんだけ貴重なんだろうって思うようなことばかりで。
話してくれるのも「え、こんなことまで教えてくれるの!」と思うような内容でした。何よりも職人さんたちの顔がとてもいきいきしていたのが印象的。
勝手に職人さんと言えば真剣な顔とか固そうな顔っていうイメージだったので、嬉しそうにものづくりのことを教えてくれるのがとても新鮮で、楽しかったです。

初心者の私たち向けにすっごく簡単に説明してくれているのに、いつの間にかどんどん専門的な話になっていってるのも面白かったなあ。それだけものづくりが好きなんだな〜と感じました。私のものづくりなんて趣味のハンドメイド程度だけど、職人さんから直に聞く話はとっても面白かったです。

もう、数時間、数十分おきに「なにこのイベント、おもしろ!!!」って思ってました(笑)
いやはや、世の中にはすごいイベントが存在するものですね。
ものすごい街が存在するものですね。
来年も絶対行きたい!
むしろRENEWがなくても福井にまた行きたい!
それくらいはまってしまいました。

色々な縁があってすっかり福井が私の友達になってくれました。
ひょんなことから派生していくこういう出会いが何よりも面白い。

鹿児島の色々な「職人さん」にも会ってみたいなあ。
旅行で大都市以外を訪れると、自分の地域を見つめ直すきっかけにもなるから好きです。