「3年間髪を切りません」外国人技能実習生の色々な覚悟




外国人技能実習生への日本語教育の仕事を始めて早8ヶ月ほど。だいぶ板について来たというか、授業に余白を作って、実習生が求めているものを考えながら進めていけるようになりました。

毎日毎日、色々な発見と驚きがあるので、そうしたことをもっと伝えていけるよう考え中なのですが、とりあえずつい先日の授業での一コマを。

ある日の授業中。もうすぐ会社に行く子達相手だったので、日本でよく使う言葉を教えようと普段のテキストではなく、副教材を使っていました。
その中で美容院でよく使う言葉集があり、女性だけのクラスだったのでみんな興味津々でした。ベトナムの美容院は日本とは0の数がひとつ違うほど安いので(ベトナムにいる時「安いから」と再三勧められた)、ひととおり教えてから、

「でも日本は高いですからね〜」

と私が言うと、みんなそれを知っているので

「だからベトナムで切ってきました」
「3年間切りません」「3年間一緒です」
と笑いながら教えてくれました。

ベトナムの女の子は美意識、というか女子力がすごく高くて、写真を撮るのも大好きです。きっと可愛く、綺麗でいたいだろうけど、日本で働く3年間はそうした外見のお手入れも満足にはできないことを分かっているんだろうなあと。

親や配偶者、子供が母国にいて、それぞれが覚悟を持って日本に来ているんだろうけど、髪を整えられない(しかも高いからという理由で)。そういうのも十分彼女たちにとったら大きな覚悟だなと思いました。

きっと想像以上に、色んな覚悟をして日本に来た子達。
今日で私のいる研修施設を「卒業」して企業に行った子、そして同じく今日、ベトナムからの長旅を経て、新たにこの施設に入ってきた子もします。

それぞれの人生に幸あれ。どうかいい環境でありますように。

私にはそう願うことしかできないけれど、私なんかよりも何倍も強くたくましいあの子たちが、とにかく日本で力一杯働いて元気に故郷に帰って欲しいと思っています。