【穀雨/二十四節気】芽生えた命に恵みの雨を

「四季」といえば、春夏秋冬。
さらに細かい分け方で二十四節気や七十二候があることをご存知ですか?^^

簡単にいうと、一年を四つに分けたのが四季。二十四に分けたのが二十四節気、さらにそれを三つに分けたのが七十二候です。

この細かい分け方を知ったのは、大学時代にお世話になっていた茶道の先生の影響でした。
週に一度のお稽古の日はすごくすごく楽しみで。それは先生がお稽古の合間に季節の話や植物、食べ物の話をしてくださるのです。茶道はもちろんですが、その話を聞きながらみんなで季節を味わう時間が大好きでした。

なので、細かい季節の分け方を全部覚えているわけではないのですが、たまーに思い出しては「お、今日はこんな季節なんだ」と思うことがあります。

昨日もそうでした。
4月20日は二十四節気でいう「穀雨」らしいです。
「これから育つ穀物に天からの贈り物である雨がしっとり降り注ぐ頃」とのこと。

まさに!!!
と思える光景が、うちの隣のマサ子ばあちゃんの畑に広がっております。

冬の野菜を整理して、すべての土をならしていたのが一ヶ月ほど前、だったかな。

二週間前くらいにはついに苗が植えられていました。
これはじゃがいも。

ナスの苗にはひとつひとつカバーを。
私が大好きでよく食べるので、私が鹿児島に帰ってきてから年々植える量が増えています。
今年も多めに植えてくれました。

あんずも整列。
「きゅうりはどこに植えようかな〜」が最近のおばあちゃんの悩み。
おばあちゃんの畑にはたくさんの知恵と工夫が詰まっていて、長年の経験ってすごいな〜といつも思う。

あんずは畑でおばあちゃんに絡むのが大好き。
猫にとって畑って楽しい探検の世界なんだろうなあ^^

最近は夏かと思うくらい晴れる日が多くて毎日びっくりですが、来週中頃は恵みの雨が降るようで。
私は光合成で生きてるって言えるくらい晴れの日が大好きなのですが、こういう季節のことを少しでも知っていると、なんだか雨の日も許せる気がしてきます。
植物のことを思ったら、待ち遠しくもあるような…。

夏に向けてこれからの畑の生長を楽しみにしています。あんずとともに。

※どこかにあんずが隠れています。お探しあれ〜。
(家族のLINEでもよく「猫を探せ」シリーズしてる)