【女子ひとり旅】トランジットで初香港!王道食めぐり




私が最近、旅行、特に海外旅行をする時にガイドブックよりも参考にするのが、個人のブログとInstagramです。空港に移動する車中や飛行機待ちの時間にぱぱっと調べて、決めています。あまりはずれに当たったことがないし、よりローカルな情報が得られるのでお気に入り。

というわけで今回はなんとも「ブログ」っぽいタイトルをつけてみました(笑)アクセス数を稼ぐためのブログにするつもりはないのですが、「私も普段参考にしてるし、せっかくブログしてるしな〜」、「それに香港初めてだったし、1人だし、しかもトランジットの超弾丸だったし…」誰かの参考になればと思い、旅ブログ「ぽい」記事を書いてみようと思います。それでは、Let’s 香港!(張り切りすぎてダサいやつ)

【Why】なぜ香港をひとり旅?

理由はただ一つ「トランジットが長かったから」です(この使い方合ってる?)。年末年始の一時帰国に際してベトナムの会社でとってもらった航空券は、なんと香港空港で20時間待ち。そんな時間、空港にい続けたら発狂しそうだし、誰にも何も言われなかったので、「これはもう(こっそり)入国するしかない!そんでもって遊ぶしかない!」と思い、香港の街中のホテルをとって(前日にとった)、観光してみることにしました。

ベトナムに住んでいるからか海外で1人という状況にあまり違和感がなくなってきましたが、実際に観光してみて香港はとても巡りやすいな〜と感じました^^

【Where】ベストウェスタングランドホテル 華麗酒店 に宿泊!

前日にとったホテルは「Best Western Grand Hotel Hong Kong 華麗酒店」です。名前長い!今回一応仕事での移動中ということで領収書が欲しくて。でも英語できないし、日本円じゃないと経理の人が困っちゃうしと思って、初めて利用したのがHISでの海外ホテル予約サービスでした。
「海外ホテル 予約」って調べたら上の方に出てきた日本企業だったのでHISにしてみました。各サイトでの料金比較とかもせずに(経費で下りる安心感←)選びました。

看板が全然見えない絶妙(にダメな)な撮り方…笑

値段は1泊9400円。いくら経費から出るとはいえ1万円以内にしました。香港はホテルが高いらしく、1万円以内でも選ぶのが大変でした。(ベトナムの安さが恋しくなる…)口コミもそんなに悪くなかったし(大半の悪い口コミは「部屋が狭い」のみ)、日本人の宿泊者も多そうなので(変に翻訳されていないちゃんとした日本語の口コミが多かった)、ここにしました。

「狭い狭い」と口コミで見ましたが、1人だったからそこまで圧迫感はなく(2人でキャリーケースとかあると確かに狭いかも)、ドライヤーとかアメニティもついてるし、シャワーもちゃんとしてたので、私は全く問題ありませんでした。個人的に気になったのは、随所にある金ピカ感くらいかな(笑)気になったというか、すごいギラギラオラオラしていて面白かったです。

【How】空港からホテルへの移動

エアポートエクスプレスで街中へ!

空港についたのは夜の19時ごろ。そこから街中への移動はエアポートエクスプレスがめちゃくちゃ便利でした!到着ロビーからすぐ行けるところにあるし、新幹線かなってくらい席は綺麗だし、すぐ次の電車来るから座れるし、1番前の席は充電もできます

海外いるとついWi-FiとUSBポート探しちゃう

地図上だと空港と街中は離れているのですが、これに乗れば25分くらいで着きました。かなり快適。観光客が多く利用するのは九龍駅か香港駅かな。私は九龍駅でおりました。

バスへの苦手意識が強すぎるあまりタクシーで!

エアポートエクスプレスの利点に「無料シャトルバスを利用できること」があります。エアポートエクスプレスを利用した旅行客なら、九龍駅か香港駅から各ホテルを巡る無料シャトルバスを利用できるんです!泊まるホテルに停車しなくても、近くのホテルで降りて歩いて行けばOK。

ですが、日本でバスが大の苦手な私。日本語でも乗り場を間違えたり、降りられなかったりするのに、外国じゃなおさら無理や!と思い、タクシー乗り場に直行しました(笑)
列に並んで順番に案内されるので変なタクシーはいなそうで安心。運転手さんに「OK?OK?」と聞きながらスマホでホテル名を見せて、あとは信じて乗っていました。歩いても行けなくない距離だったので、15分もかからず到着して400円くらい。チャレンジするところはチャレンジして、自信ない時はお金で解決するのが私のひとり旅モットーです

【What/1日目の夜】マンゴーとタピオカ(タイトル雑か)

ホテルに着いたのが20時頃。適当にとった割に結構立地がよく、観光客に人気の飲食店などへ歩いて行けるエリアでした。機内食が出たのでがっつり食事は無理かなと思い、デザート系を攻めることに。

ど定番!とりあえず許留山でマンゴーを食しとく

とっても有名らしいこちらのお店。いくつか店舗があるようで、ホテルから1番近いところは混んでいなくて1人でも入りやすかったです。

友達がここのマンゴープリンが美味しかったよと教えてくれたのですが、メニューからマンゴープリンを見つけられず…結局1番有名な「芒の戀」にしました!頼んでからマンゴープリンの存在に気付いちゃったけど…(笑)

出てきたのがこちら。手前がマンゴーソースと白玉、右がマンゴーアイスとマンゴーとなんか透明のゼリーみたいなやつ、左がマンゴー餅とマンゴー。欲張りセットです。マンゴー餅が食べたことのない感覚で美味しかったです。マンゴーアイスのくすみ感が気になったけど味は大丈夫でした(笑)

3歩進めばタピオカにあたる!?

と言いたくなるほど、街中をふらふら歩いているとタピオカの店がたくさんありました。日本ではタピオカのドリンクはあまり飲まないのですが、台湾やベトナムでは見つけたらすぐ飲みます。安くて美味しいから、海外でのタピオカの消費率は半端ない。もちろん香港でも飲みたかったもののひとつ。

とにかく沢山あるのでどうしようかと思ったのですが、猫につられて「茶丸家」にしてみました。王道のタピオカミルクティーをば。

出てきたら、タピオカが虹色でした。これはなんとも「インスタ映え」しそうな…!料金は日本よりも安いけど、ベトナムや台湾よりは高い印象。

タピオカを持ってホテルに戻って、翌日のためにまた旅行ブログを読み漁りました。旅行準備はいつもギリギリ。というか間に合ってない。

【What/2日目】いざ!香港街歩き

さてさて2日目です。この日の17時の飛行機でハノイへ向かいます。もうチェックインしてあるし、キャリーケースもそのまま預けてあるので、少し時間に余裕があります。昼過ぎまで観光しようかなとざっくり考えていました。

また、高いところが好きなので景色を眺めにビクトリアパークに行きたかったのですが、曇りだったので、またの機会にしようと今回は外しました。

「アジアのお粥ってなんでこんなに美味しいんだろう…」

台湾とか行った時もですが、お粥好きなんですよね〜。日本のと違って濃くて、しっかり出汁?で煮てある感じがたまらない。

というわけで、ホテルから歩いて行ける「彌敦粥麵家」へ。海老ワンタンも有名らしく悩んだのですが、朝食なのでやっぱりお粥で。ピータンって何だっけ?って思いながら、オーソドックスらしい「皮蛋痩肉粥」にしました。そしてもうひとつ、中華系のお粥の好きなところは、揚げパンを入れられるところ。1人なので迷いましたが、頼んじゃいました。すぐ隣に準備されていて、おじちゃんから「どう?」って仕草されるともう誘惑に負けるしかありません。

やっぱり美味しいーー。味がめっちゃ沁みてて具も多くて(中にちゃんと埋まっています)、大満足でした。揚げパン1人じゃやっぱり多かったけど、食べ切っちゃいました。

お粥が届いたらおじちゃんが金額が書いた紙を置いてくれるので、分かりやすかったです。1人客も結構いました。混んできたら相席されるやつですね。ベトナムでも慣れてそんなに気になりませんが、最初は驚くかも。でも1人客で相席だと罪悪感ないし、すぐ座れるし結構楽

都会版尾道を発見!

それからホテルに戻って1時間くらいぐーたらしていました(笑)「ビクトリアパークに行かない」と決めたら気合いが抜けてついだらだらと。1人旅の悪い癖(笑)というわけでチェックアウト時間の迫った11時近くにようやく出発。

今いる場所から向かいの香港島へ行きます。地下鉄でぴゅぴゅっと行こうかな〜とも思ったのですが、1人だしあまりお腹空いてないし「歩こう!」と思ってスターフェリーに乗ることにしました。

スターフェリーの港まで20分くらい歩き…観光客が増えてきたのでもうすぐ港が近いのだと分かります。あとはこの時計台が目印。

私の足を止めたのが港からの景色。水を隔てて町がある様子に、「都会版尾道みたい!」とフェリーに乗らずにしばらく眺めていました。軽く15分はベンチでぼーっとしてました。船が行ったり来たりする様子、いくらでも見ていられるんだよなあ。

見事な曇天ですが、肉眼だとちゃんと綺麗でした

やっぱり海とのこういう景色が1番好き。

ずーっといたかったのですが、ちょっとは行動しなきゃと思い、やっとこさスターフェリーに乗船。5分ほどの船旅、風を感じられて気持ちよかったです。

超超超有名店のエッグタルト!

香港島にたどり着き、まずはど定番のエッグタルトを買いに「泰昌餅家」へ。何を調べてもこのお店の名前が出てきたので、きっと1番の有名店なのでしょう(安易)。

1つ9HK $(135円くらい)。あまりお腹は空いてなかったのに、2つ買っちゃった。

食べる場所に困ったので「PACIFIC COFFEE」で!

はてさて買ったはいいけど、どこで食べよう?街中にはたくさんのドリンクスタンドがありますが、ドリンク持って立ったままエッグタルトを器用に食べる自信はない…。とりあえず近くの「PACIFIC COFFEE」に入ることにしました。

こういうコーヒー店の値段は高い印象。高いといっても日本と同じくらいだけど。無事端っこの落ち着ける席をゲットしたので、こっそりとエッグタルトを取り出し…

ぱくり。

断面汚くてごめんなさい。でもこの2層感をお伝えしたかったのです。一口食べてあまりの焼きたて具合にびっくりしました。油断してたら真っ二つに折れて全てが台無しになりそうなほど焼きたて、柔らかい。濃厚なエッグ感(語彙力)がとても美味しかったです。

ちなみに周りを見渡すと3分の1〜半分くらいの人が私と同じエッグタルトを食べてました(笑)みんな考えることは同じ。

中輪をぶらぶらお散歩

カフェを出てからは周辺をお散歩。この中輪と呼ばれる地域は、観光客や地元の人で賑わう町でした。というか通りが狭いから、色々なところがぎゅうぎゅう!

おしゃれな壁画も結構あって「映え」を狙った女の子たちがたくさんいました

道の真ん中で靴磨き

「同じアジアでもこうも違うのか〜」と驚き、楽しみながら、香港の街並みを眺めていました。

旅のお供オクトパスカードを返却!

本当はここらへんで海老ワンタンを食べたかったのですが、一向にお腹が減らず、「いっか、空港に行っちゃおう」と、予定より1時間早めに空港へ行くことに。海老ワンタンは次回への宿題で。

香港島にある香港駅から昨夜乗ったエアポートエクスプレスが出ているので、それで楽々空港へ辿り着きました。空港では短い間だったけどお世話になったオクトパスカードを返却。

日本のICOCA的なやつでエアポートエクスプレスや地下鉄、スターフェリーなどでピッとするだけで支払いができます。のんびり歩いたせいで今回は結局地下鉄は乗っていないので、買わなくても良かった気もしますが、普段の滞在だったら便利だと思います。切符を買ったり、いちいち料金を見たりする手間が減ります^^

「やっぱり小籠包好きだわ…」と思えた絶品小籠包

やっと小腹が空いたので、香港の最後の食事は空港の「翡翠拉麺小籠包 」で!ここの小籠包が絶品と聞いたので、15時という微妙な時間でしたが、食べに行きました。人は多いですが、カウンター席もあるので1人でも入りやすいです。

小籠包と生姜のスープに入った胡麻団子を頼みました。じゃん!

どっちもめっちゃ美味しかったーーー!空港とは思えないクオリティでした。空港で食事をしなければならない時はぜひおすすめします。これから飛び立つ人はチェックインを済ませて保安検査場を通る前に。到着ロビーの分かりやすいところにあるので、ぜひぜひ。

香港空港はとっても大きな空港なので、時間には余裕を持って行動してくださいませ〜〜。私も結局バタバタでした。Wi-Fi最強だし、充電できるところもあるので、多少待ち時間が長くても苦労しないと思います。(長すぎると発狂したくなりますが)

トランジットでの香港旅。短かったけど、異文化を感じられてとても楽しかったです。なんとなく概要が掴めたので、次来た時はもっと色々回りたいなあと思います。そして海老ワンタン食べて、エッグタルト食べ比べしたい!