【ベトナム料理】在住時に北部で食べた麺料理たち




帰国してあっという間に2ヶ月が過ぎました。帰国した直後は日本にかなりの違和感があったのに、今では「本当にベトナムでの日々があったのだろうか…」と思うほど、もうすっかり日本人です。記憶が薄れないうちに書き留めておこうと思ったのにずるずると…。とりあえず私の愛してやまないベトナムの麺料理たちについて紹介します^^

ベトナム北部といえば麺料理!

私が3ヶ月滞在したのは、ベトナム北部のニンビンという地域です。首都ハノイにも何度か行きました。それ以前にベトナムに3回行っていったことがあり、訪れたのは南部が2回と中部が1回。

フォーの発祥は北部」と聞いていましたが、訪れてみてその言葉を実感!北部の麺文化がすごい!色々な麺を食べることができて大満足でした。まだまだ食べたりないので、またすぐにでもハノイに行きたい気分です。

1.ベトナムの代名詞「フォー」

ベトナムといえば「フォー」。誰もが知っていますよね。朝ごはんでも出てきていたので、3ヶ月の中でたくさんのフォーを食べました。特に朝フォーが好き過ぎて、日本に米麺がたくさん売っているなら私もそれに移行したい気分!

一口目で驚愕!「Pho Thin」

ここはぜひ名指しでおすすめさせて頂きたい!何を調べてもこのお店が出てくるほど有名らしいのですが、それも納得の美味しさでした

王道のフォーとは違う味なので、初めてベトナムに行く方は王道と「Pho Thin」のフォーどちらも食べてみるのをおすすめします。王道のフォーに慣れてきた私にとっては、本当にびっくりする味でした。こんなフォー食べたことなかった…!!

値段は6万ドン(300円)で普段のフォーの二倍ほどしますが、それも頷ける美味しさです。本当忘れられない。多分今後ハノイ行くたびに食べると思う。

2.北部に来てから大好きに!「ブン」

今回初めて食べたブン。そしてかなり登場率が高かったブン。フォーよりも細い米麺で、フォーはネギやパクチーなどでシンプルに食べるのに対し、ブンはハムやトマト、肉団子など、色々な具材が入っています。

近くにも美味しいブンの店があったのでよく行っていました。トマトが入っているから店によってはイタリアンみたいな味がするところもあって、食べ比べがとても楽しかったです。観光客にはあまり知られていないブンですが、本当におすすめ。

3.食べたらハマる!「ブン・チャー」

ブン・チャーも大好きなのです!これはスープに入っているのではなく、つけ麺のようなもの。どうしようもなく暑い日でも食べられる麺料理です。

食べ方は人それぞれですが、器に適量のブン(米麺)をとって、肉団子や焼いた肉を入れ、葉物を入れ、たれをかけて食べます。肉はほとんどの店が炭火焼なので香ばしくて本当に美味しい!たれも店によって甘めだったり、酸味が強かったりと個性があります。

いつでも食べたかったのですが、地元では朝ごはんの時間帯だけの店が多く、観光客向けのエリアでないと食べられないので、もっと食べたかった…と悔いが残ります(笑)

4.通!「ブン ボー ナム ボー」

ベトナムで暮らし、ある程度麺料理を楽しんできた中でインスタでたまたま見つけたのが「ブン ボー ナム ボー」というお店。看板商品の名前がそのまま店名になっています。分かりやすい。

店内は奥にながーいですが、お客さんがひっきりなしにやってきます。ブン(米麺)の上に牛肉や青パパイヤ、葉物、ピーナッツ、揚げた刻みニンニクがのり、上にかかった甘酸っぱいたれを絡めて食べます。ピーナッツと揚げニンニクがめちゃくちゃいいアクセントになっていて、気付いたら食べ終わってました。まじでもう1杯食べようか迷ったくらい。

初めてベトナムに行ったらフォーやブンチャーを食べる人が多いかもですが、滞在が長かったり何度もベトナムに行っていたりと、王道以外も味わってみたい方はぜひ!

安くてうまい!やっぱり最高!

書いていたらまた食べに行きたくなってきました…。何個胃袋があっても足りないほど、ベトナム料理はどれも美味しく、そして安いです。

大体の店では卓上にもりもりの野菜や調味料があり、自分で辛さや酸味をカスタマイズします

朝が早いし安いので、ベトナム人の朝ごはんは基本外食です。私もいつもフォーかブンでした。そんな朝ごはん屋さんが日本にもあったら楽しそうなのになあ。また食べたいなあ。ひとまずパクチー育ててみようかな。(パクチー単体は好きじゃないけど、ベトナム料理にはやはり奴は欠かせない)