旧正月・テト期間のベトナム旅行はあり?なし?




ベトナムは自国の文化、中国、ヨーロッパの文化などは様々な文化が混在しています。特に暦は中国に乗っ取ったものが今も多く、「お正月」もそのひとつ。

ベトナム人にとっての「お正月」は、旧正月で「テト」と呼ばれています。日本人にとってのお正月の時期(1月1日前後)は、2日くらいしか休みはありません。みんなその約1ヶ月後にある「テト」を心待ちにしているんです。

ベトナムは祝日が少ない!だからテトは本気で休む!

ベトナムの祝日はテトを除くと5日ほど。日本と比べるとずいぶん少ない印象です。特に朝食は外で食べることが多いベトナムでは飲食店は定休日がないところが大半。そのため、テトでの長期休みでは「とことん休む」というのがベトナム人流。毎年旧暦の元旦の日にちとそれに伴う前後の休みの日数が注目されています。

休みは毎年固定ではなく、その年の元旦によって政府から発表されます。ちなみに2020年は1月25日がテト元旦。休暇は1月23~29日の7日間です。2019年は9日間だったので、それに比べると少ないですね。

テトへの準備が半端ない!

私は去年のテトの時、ちょうどベトナム出向中でした。面白かったのはテト休暇に入る1、2週間前からみんなのソワソワが止まらないこと!笑

何を話していてもテトの話に行きついたり、テト用の品物を揃えたり…。とにかくテトが楽しみで仕方がない様子でした。買うものはいろいろあるのですが、みんながこぞって揃えるのが桃か小さなみかんの木です。値段は高いそうですが、これがないと正月が迎えられないみたいで、テト前はバイクで木を運ぶ姿をたくさん見ました。

器用にくくりつけて、器用に運転して帰る(笑)

道端に即席の苗木屋さんも沢山

小さいみかんはちょうど桜島小みかんのサイズでした。味もおんなじ感じ。テトが終わったら「捨てるだけ」らしいけど…(笑)

テト休暇で街はどうなるの?

テト休暇の時、普段では考えられないほど街が静かでした。普段がとことん賑やかなのもありますが(笑)大体の人は田舎に帰って家族とのんびり過ごしたり、旅行をしたりするそうです。

テト中にベトナム旅行はおすすめ?

テトならではの雰囲気を味わいにベトナム旅行をするのもいいですが、元旦は避けるか、お目当ての店が開いていなくてもしょうがないと思う気持ちが大切かなと思います。また、いつもよりタクシーの台数も減ったり、ベトナム人観光客で空港や道が混んだりするので、時間にゆとりを持つことも必要です。

日本と同じように国旗が飾られています

ベトナムに何度か行ったことがある人ならテト周辺を味わうのが楽しそう!でも、まるっきり初めての人はテト元旦は避けるのをおすすめします。ただでさえ海外旅行は気にしないといけないことが多いし(観光地選びとかスリとか言葉とか)、少しでもストレスがない方がいいかなと思うので。
とはいえ、近年はテト中も営業している店舗が多くなっているそうなので、前ほど不便ではないみたいです。

交通事故にはご用心!

普段より交通量は少ないけれど、私はテト期間の方が街を歩くのが怖かったです。それはみんなテンション高くお酒を飲んで運転しているから。また、遠くから来た親戚は足がないので、バイクに家族みんな乗せて走っていて(4人乗り当たり前!)、普段以上にふわふわした雰囲気なので要注意です。

いつもよりずっと少ない交通量。奥には風船売りも。

SNS等で営業状況を確認!

日本人観光客が多い店ではSNS ( InstagramやFacebookが多め)をしているところも多いので、旅行する時はあらかじめ確認しておくのが無難。テト休暇でさえ毎年変わるので、ガイドブックなどの営業状況は古いことがあります。苦労して行ったのに開いてなかった…ということがないように、しっかり確認しておきましょう!

テト中のベトナム旅行はなし!

・閉まっている店がある
・交通面が不安(事故や渋滞など)

テト中のベトナム旅行はあり!

・テトならではの雰囲気が味わえる!
・ベトナムをもっと深く知れる!