【和歌山・古座川】読み方も知らなかった町の魅力を教えてくれたLacomaゲストハウス

某CMの「そうだ、京都に行こう」並みに軽いノリで行き先を決めてしまうのが私の旅行スタイルなのですが、9月末の和歌山旅もそうでした。

10月から働くことが決まってしまって(←)行き残しているところたくさんあるけど、その中でもどうしても行きたいところってどこだろう!?って考えた時に真っ先に浮かんだのが「そうだ、さつきさんに会いに和歌山に行こう」という考えでした。

「さつきさん」とは尾道で出会いました。春に私が尾道のゲストハウス「あなごのねどこ」でお掃除ヘルパーをしていた時です。

泊まっていた期間年が近いということもあって色々なことを話したのですが、その中で「実はゲストハウスを開くのが夢なんです」と教えてくれました。
その時ちょうど悩んでいた時期だったようで、表情はどこか自信なさげ。
それでも、尾道を発つ頃には「ゲストハウス必ず開きます」と、数日前に迷っていたのが嘘のように素敵な笑顔で教えてくれました。

どうなるか分からないけれど、さつきさんの夢や考えがとても素敵で、その時からめちゃくちゃ応援してました。

それからが驚きのスピード。SNSでずっと見守っていたのですが、4ヶ月経たずして本当にゲストハウスを作ってしまいました。9月はプレオープンだったので、贅沢にもお客さんが私だけという状況の中遊びに行ってきました。

関西空港に降り立って和歌山に入り、それから電車で「串本」という町まで。そこから車で「古座川(こざがわ)」に向かいました。
山奥!とにかく山!鹿児島にも山はたくさんあるけど、中心に大きな川が流れていてまた違った感じでした。何より川の水がすっごくきれい。マイナスイオンをガンガン浴びながら、ゲストハウスに到着しました。

地元の染色職人さんに作っていただいたというのれん

運とタイミングの良さで決まった古民家は、とても大切にされていたことが伝わってくるきれいさで、居心地が良くて。

柱に身長が書いてあったり、実はいろりが隠されていたり、家族の思い出がたくさん詰まっているんだなあと。

マスターが自分でDIYして作った空間は色々とすごい!(笑)

カオスで面白すぎるジャズ喫茶にも連れて行ってもらって(私の好みドンピシャ)、夜ご飯は和歌山と鹿児島と沖縄(さつきさんが前日までいたから)の折衷飯!(笑)和歌山がマグロが有名なことを来てから知りました〜。美味しかった^^

夕食の後「明日どうしますか?」って聞いてくれたのだけど、とにかく無知なもんで。(笑)
「おすすめありますか〜?」って聞いたら、さつきさんが嬉しそうに色々なことを教えてくれました。次から次にマップやチラシを取り出して教えてくれて、それだけでさつきさんの古座川愛をめちゃくちゃ感じてました(笑)

「え、古座川ってこんなに魅力あるんだ!」といえば、食い気味で「でしょ〜!!それを伝えたくて!」って笑ってて。こんな素敵な人がオーナーのゲストハウスが羨ましい〜と思ったほど。

翌日は雨だったけど、色々なところをまわって、美味しいものも食べて、たくさん話をして大満足。

鍾乳洞みたいないちょうの木

高さ100m!?一枚岩の迫力にびっくり

本土最南端は鹿児島ですが、こちらは本州最南端

地形を再現したカレー。ウインナーは橋と灯台です(笑)

とってもおしゃれで美味しいパン屋さん!
いろんな地域のパン屋さん巡りするの好き。

それでもやっぱりやり残したこともたくさんあるので、それは次への宿題ということで。
大阪から移住して、とにかく古座川が大好きで、愛に満ち溢れているさつきさん。そんな彼女のことを地元の人も全力で応援していて。

きっと地域とゲストハウスが繋がった素敵な空間になっていくんだろうなあと思います。これから育っていくLacomaゲストハウスと、その周りで起こることが楽しみで仕方ありません。

突然決めたけど、行ってよかったなあ。
やっぱり気になっているところには直接足を運んでみるのが1番ですね。
そして、同世代の子の「好きなことをして生きていく」姿にとても刺激を受けました。私も誰かの何かのきっかけになれるように、自分に正直に生きていこう。改めてそう思わせてくれた旅でした。

 

本が置いてあるゲストハウス好き。

地元の方に愛されているのが伝わってくる写真たち。これからどんどん増えていくんだろうなあ。


Lacoma  ゲストハウス
和歌山県東牟婁郡古座川町小川826番地
https://lacoma.co.jp
FB https://www.facebook.com/lacomagesthouse/
Twitter  https://twitter.com/Lacomagesthouse